— 凹地(くぼち)とは —

 

2013年夏、この地域に縁のある4人のアーティストを中心に「凹地(くぼち)」という団体を発足させました。

 

杉並区善福寺地域は、これまで遊工房アートスペースを中心に小学校・商店街・地域住民が主体となって精力的に国際交流・文化発信を行ってきました。

 

しかし、この数十年の激しい時代の変化に対応して未来へと繋げていくために、凹地として新たに始動します。

—協力—

2014年

11月

21日

11月20日:掲載情報

11月20日付けの東京新聞地域版に、善福寺公園野外展「トロールの森」と合わせて、第7回凹地企画展「Bulb Cities」が取りあげられました!

2014年

12月

28日

第10回凹地企画展「安田豊個展 すべてyとyとyのせいだ。」/The Tenth Kubochi Exhibition - It's All Because of Y and Y and Y. - A Solo Exhibitin by Yutaka Yasuda


会期■2015年3月11日(水)~29日(日)

会場名■遊工房アートスペース

開館時間■12:00〜19:00 (最終日17時まで)

休廊日■月、火曜 

 

凹地では、第10回の企画展としまして『安田豊個展』を開催します。
2014年4月から遊工房アートスペースで活動している凹地の今年度最後の企画となっております。安田にとって7年ぶりの3回目の個展になります。安田は、学生時代から版画を軸にイメージの影のようなモノクロの作品や紙吹雪が舞い散るカラフルで儚い平面作品を制作してきました。近年は、時代に逆らうかのようにフィルムカメラで写真を撮り始め、4年前の震災後から家族の成長や他愛無い日常の写真など、写真を撮ることで生まれる会話を記録するような作品を発表しています。今回は、2014年4月から凹地で発表してきた作品の中から折り紙の手裏剣を集めて制作したリース「星をつくる_あるはずのない星を探して。」、水中で無数の小さな光が回転する作品「T_T Little Star」を中心に、4年前から撮り続けてきた写真作品の中から「あやとりのような世界」や「NIKKI」など十数点を選び展示いたします。身近な出来事に寄り添い作られた素朴で小さな喜びに溢れた作品を是非この機会にご高覧下さい。


=イベント=

オープニング・トーク ■ 1.14(土)18.00ー

凹地(桑山彰彦、安田豊、平丸陽子、村上郁

上野梓、市川平、町野三佐紀、ヒグラシユウイ


Kubochi is pleased to present its tenth exhibition, It's All Because of Y and Y and Y - A Solo Exhibition by Yutaka Yasuda. 

Having used Youkobo Art Space as the base for their activities since April 2014, this will be Kubochi's final exhibition of the year. Yutaka Yasuda will present his third solo exhibition after an interval of seven years. Since his student days, Yasuda has been creating black and white shadow-like images pivoted on printmaking processes, and ephemeral two-dimensional works using colorful confetti that falls as if dancing. In recent years, as if moving against the times, he has started to take pictures with a film camera and, in the four years following the earthquake, has presented work appearing to document family growth and the trivial events of the everyday where conversation is triggered by the act of taking a photo. In this exhibition, centered on works shown at Kubochi since April 2014, such as Hoshi o tsukuru - aru hazu no nai hoshi o sagashite (Creating a star - searching for a star that cannot exist), a wreath-like work made from origami stars, and T_T Little Star in which countless little lights rotate while suspended in water, a number of photographic works taken over the past four years including Ayatori no you na sekai (a world like a cat's cradle) and NIKKI will be presented. Please come to enjoy these simple works full of subtle feelings of joy nestled in familiar events.


=event=

Opening Talk■ 1.14 sat 18.00ー

Kubochi(Akihiko Kuwayama, Yutaka Yasuda, Yoko Hiramaru, Murakami Kaoru)

Azusa Ueno, Taira Ichikawa, Misaki Machino, Yuichi Higurashi

凹地の目的

「凹地(くぼち)」は、凹んだ土地に様々なものが集まるように、地域から国際社会までジャンルを超えた作家の招聘とその交流を目的とし、作家が自ら展覧会を企画・開催していきます。

 

作家独自の観点による様々な試作を通じて、既存の価値を再定義しつつ、我々や地域にとっての美術の役割や可能性を模索していきます。

凹地のメンバー

桑山彰彦 / Akihiko Kuwayama

平丸陽子 / Hiramaru Yoko

村上郁 / Murakami Kaoru

安田豊 / Yasuda Yutaka