第一回凹地企画展「クレーターVol.1」

<<終了しました>>

 遊工房アートスペース(東京・杉並区善福寺)と関わりのある作家が集い「凹地(くぼち)」というグループを設立しまし た。その第1回目の企画展「クレーター vol.1」を2014年4月5日(土)から4月20日(日)まで開催致します。  

 

「凹地(くぼち)」は、凹んだ土地に様々なものが集まるように、地域から国際社会までジャンルを超えた作家の招聘とその交流を目的とし、作家達が自分達で厳選した作家による展覧会やイベントを企画・開催していきます。その作家独自の視点による様々な試作を通じて、既存の価値を再定義しつつ、我々やこの地域にとっての美術の役割や可能性を模索していきたいと思います。

 

 今回は「遊工房」というスペースに、その内外に関わる作家を再招聘させます。この空間と馴染みのある作家、全く初めての作家、そして凹地のメンバー。それぞれの持つ身体や感覚を一度解き放ち、様々な角度から飛来させ再び遊工房 という一点に集中させ衝突をはかります。絵画、彫刻、映像、インスタレーション、それぞれがぶつかり、何が起こるかはまだ分かりません。しかし何かがぶつかることで、その痕跡が残る「クレーター」のように、この場所の記憶をいま一度掘り起こし、今日の中に露出する姿を晒し出す試みの展覧会です。

 

 展覧会初日には参加作家とゲストによるトークイベントを開催します。またこの機会に凹地作家メンバーの小作品が詰まった部数限定の作品集も出版します。

 

‖展覧会概要‖  
   
  第一回凹地企画展「クレーターVol.1」
   
会期 2014年4月5日(土)〜20日(日)
閉廊 月火休み
時間 12時から19時(最終日17時)
   
オープニング・イベント  トーク・ディスカッション:4月5日(土)17時〜
  「アーティストが展覧会を企画すること」
  司会進行:門田光雅(凹地)
   
 レセプション・パーティ 18時〜
■参加作家      
 招待作家 朝倉優佳 佐藤万絵子
竹内翔
  町野三佐紀  Jaime Humphreys 
 
       
 凹地メンバー  門田光雅  桑山彰彦 安田豊
  丸陽子
村上郁  
会場 遊工房アートスペース
住所  東京都杉並区善福寺3-2-10
TEL 03-5930-5009(遊工房)
URL http://kubochi.jimdo.com/(凹地)、http://www.youkobo.co.jp/(遊工房)
   
アクセス

JR中央線、西荻窪駅北口、2番バス停より上石神井駅行他バスにて「善福寺」バス停下車、目の前。駅より徒歩約20分。

または、東京メトロ丸の内線・JR荻窪駅北口・0番バス停より武蔵関駅行他バスにて「善福寺」バス停下車、すぐ。

(注:JR中央線は、土日、西荻窪駅に停車しません。)

We are pleased to announce the next exhibition at Youkobo Art Space.:CRATER vol.1 - The First Kubochi Exhibition.“Kubochi”

“Kubochi” (凹地) is a group established by artists who are involved in the creative activities of Youkobo Art Space (Zempukuji, Tokyo). Their first exhibition CRATER vol.1 will be held from April 5 (Sat) to April 20 (Sun).
In the same way that “sunken land” becomes a place where all kinds of things come to gather, “Kubochi” (meaning “sunken ground”) aims to invite both local and overseas artists working in numerous genres who have been rigorously selected by Kubochi to come together in events and exhibitions for artists organized by artists. Through creative experiments realized from the unique viewpoints of the participants, and while redefining existing values, Kubochi aims to explore the role and possibilities of art in the area of Zempukuji. 
Mitsumasa Kadota, Akihiko Kuwayama, Yoko Hiramaru, Kaoru Murakami, Yutaka Yasuda

CRATER vol.1 ? The First Kubochi Exhibition
In this exhibition, artists active within and outside of “Youkobo” will be invited to show work together. Artists familiar with the space, those showing for the first time, and members of Kubochi; Their bodies and senses released momentarily, they will once be pulled from various angles toward Youkobo in an invited collision. The respective genres of painting, sculpture, video, and installation will crash into one another, the results of which cannot be foreseen. And yet, in the same way that a “crater” leaves a trace, this exhibition is an attempt to excavate the memories of the venue, exposing them to the present. 
There will be a talk event with the participating artists and special guests on the opening day. The publication of an anthology of small limited edition works by Kubochi members is also planned for the exhibition.