第三回凹地企画展『New Ground』

New Ground

 

「ストーブに触れると熱い」

作品制作はそのような、もはや誰もが知り得ているはずのことをいちいち(疑っては)再確認するといった行為に似ている。

 

普段の生活の中で意識的にものを見つめるといったことは案外少ないように思われ、また、そうすることには、かえって違和感を覚えます。

現実とイメージの間には、もはや決定的な差異など殆どなく等価であり、人はそこを無自覚に往き来しているように見えます。

 

思い出そうとしても肝心なことはすっかり抜け落ちてしまって、ただ脈絡なく鮮明に蘇るのは……取るに足らない役に立ちそうにもない場面ばかり。

脳裏に留まるのは思いの外、そういうものではないでしょうか。

自身にとって肌で感じられたこと、生理的な反応、ふとした瞬間に頭を過る記憶等は何にも増してリアルに感じられます。

 

見過ごしてしまいそうな些細で曖昧な断片の数々。

それらとの出会いをひとつの手がかりに、そこから新たな地平を拓く必要性を感じます。

 

制作過程上で生じる偶発的な出来事、視線の遮り、或いは、皮膚という薄い膜を通じてこそ知覚可能な触覚的質感を画面に与えること。

そこに立ち現れる場から事物の確定性を回避し、観者と多様な複数の感覚を共有できればと考えます。

 

かつて、誰もが幼く無防備だったころに感じられた高揚と緊張感。

実に「日々」は依然、色褪せてはいないのです。

 

 

山内賢二

 

アクリルを使用し絵画を描く山内賢二と油彩を使用し描く福村彩子による新作展。日常という些細な出来事や感覚の蓄積によって見失う現実とイメージの差異。等価で色褪せた今日に埋没してしまった肌を通じた生の感触を手掛かりに絵画と向き合うことで、今日の「新たな地平」を再開拓する。

 

 

 

‖展覧会概要‖  
  第三回凹地企画展「New Ground」
   
会期 2014年7月5日(土)〜19日(日)
閉廊 月火休み
時間 12時から19時(最終日17時まで)
   
入場料 無料

 

■参加作家    
 招待作家  山内賢二  福村彩子

 

 

会場 遊工房アートスペース
住所  東京都杉並区善福寺3-2-10
TEL 03-5930-5009(遊工房)
URL http://kubochi.jimdo.com/(凹地)、http://www.youkobo.co.jp/(遊工房)
   
アクセス

JR中央線、西荻窪駅北口、2番バス停より上石神井駅行他バスにて「善福寺」バス停下車、目の前。駅より徒歩約20分。

または、東京メトロ丸の内線・JR荻窪駅北口・0番バス停より武蔵関駅行他バスにて「善福寺」バス停下車、すぐ。

(注:JR中央線は、土日、西荻窪駅に停車しません。)

主催:凹地

協力:パトロンプロジェクト