第9回凹地企画展「ドニゴール:彫刻、時間、物質について」

会期■2014年1月10日(土)~1月25日(日)

開館時間■12:00〜19:00 (最終日17時まで)
休廊日■月、火曜

出品作家■岸本真之、ヒグラシユウイチ、松本涼

協力■パロトンプロジェクト


オープニングレセプション:1月10日 17:00~

 

 タイトルのドニゴールはアイルランド北西部の地名であり、今回の展示の企画者である桑山が以前訪れ、その峻厳な自然と風土から彫刻における物質観のヒントを得た場所であります。

 出品作家である松本は具象形体を素材が壊れる寸前まで木彫し尽くし、岸本は時間をテーマに ものの動きを柱状に彫刻化します。ヒグラシは殺戮兵器の形体を水により崩壊してしまう岩塩により製作します。

 三種三様の作品ではありますが、桑山がドニゴールで体験した、時と共に風化していく物質の宿命と彫刻の有り様を重ねた世界観に強く結びついている作品たちをご高覧ください。

企画/ 凹地 桑山彰彦